×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

マグレハグロットコム Since 2010.2.11
トップページ > 旅行記 > 「噂のパワースポットへ行く」


噂のパワースポットへ行く
-旅行日:2010/12/24-


2010年もあっという間に終わり間近。
今年はあまりいいことなかったな〜と思い返し、2011年はいいことがあるようにパワースポットへ行くことを思い立ちました。
それなら、2010年一躍有名になったパワースポット、清正井に行こうじゃないか!

ということで、2010年のクリスマスイブは清正井でパワーをもらってくることとなったのです。
これで2年連続、クリスマスイブに首都圏へ旅行へ行くことに。


12月24日の18きっぷ旅と言えば、思い出すのがちょうど1年前の悪夢
今回はそんなことがないように、念入りに準備を重ねて出発です。

しかし、今年もまた、とんでもない悪夢が待っていようとは・・・。

それはさておいて、東京行きの恒例となった東海道線始発電車で出発。
忘れ物もなく、無事乗ることができました。
豊橋、静岡と寝ぼけ眼で乗り換えるのも東京行きの恒例行事に。

静岡からの熱海行きに乗ってる途中、Twitterを眺めていると、
「どっかですれ違いますよ!」
と、所属している学生団体・LAMBのメンバーから返信が来てびっくり。
結局どうやら富士川駅ですれ違ったようなのですが、本人を確認できず。
しかし、十分日本は狭いな〜と思いました。
この日は平日なので、熱海から乗り継いだのは東京行きの各駅停車。
小田原で始発の湘南新宿ラインに乗り換えです。

ここまで来れば、東京はもうすぐ。
湘南新宿ラインを渋谷で降り、山手線で原宿へ。
クリスマスイブの原宿はものすごく混雑していました。

そういえばここまでの行程はほぼこの時と同じ。
湘南新宿ラインに熱海から乗ったか小田原から乗ったかしか違いません。
さて、原宿駅から歩くことしばし、清正井がある神宮御苑へ。
ところが入ろうとすると「混雑していますので・・・」との立て看板が!

ピーク時には3時間以上も並んでいたという清正井。
こりゃ、相当な時間かかるぞ・・・と覚悟を決め、入場料を支払って中へ。
ばっちり清正井の整理券もゲットしました。
御苑の中を見て回るのは後回しにして、一目散に清正井へと向かいました。

清正井の手前に警備員の方がおられて、ここで整理券を渡すシステム。
おそるおそる、今どれくらい並ばれてますか?と聞いてみると、

「3人目ですよ〜」

とのこと。えっ、3人目?
ほんとかよ、と先に進んでみると、なんとほんとに僕が3人目。
しかも先客はカップルで、誰も並んでいない状態。
さらにさらに、カップルは僕が到着して30秒後には撤収しました。

いやはや、たったの30秒待っただけで清正井と対面できるとは。
なんだか、3時間以上待った方々に申し訳ない感じがします。

心行くまで清正井の写真を撮り続けました。
帰宅後、PC・iPod・携帯の待ち受けを全て清正井にしたのは言うまでもなく。
人の気配がしたので振り向いてみると、なんとここまで行列が。
未だにあれだけの待ち時間で清正井を見物できたなんて信じられません。
2010年の最後に、めちゃくちゃ大きな幸運が待っていました。

しかし、これはこの後起こる悪夢の序章にしかすぎなかったのです…。
話を戻して、ここからはゆっくり神宮御苑を散歩。

しかし、東京のど真ん中だというのに、こんなに自然が残ってて素晴らしい
場所だなぁ。
バードウォッチングも楽しそうで、また行きたいなぁ、と思いました。
神宮御苑を後にして、お正月も参拝した本殿をお参りに。
今年1年ありがとうございました、来年もよろしくお願いします。
と、祈りを込めてきました。
そのまま原宿駅から撤収してもよかったのですが、せっかく時間もあるので、
行ったことがない参宮橋の出口の方へ行ってみることに。
新宿のドコモタワーがドーンとそびえたつ風景がそこにはありました。
明治神宮を後にすると、何やら奇抜な建物が。
なんだここ?と思ったら、なんとそこはオリンピックセンター。
僕が所属する学生団体LAMB御用達の場所でした。

へー、オリセンこんなとこにあるんやー、と思わず感心。
そのまま新宿方面に向かって東京を街歩き。

このトンカツ屋のロゴ、よーくみると「とんかつ」が隠されてます。
おっ、共食いキャラか?と思って撮ってみたけど、違うなー、これは。
路地を一本入ってみると、目の前に小田急線の線路が現れました。
奥に見えるのは南新宿駅。
ちょうど電車が来たのでカメラを向けてみました。
さらにぶらぶら歩いてみると、ドーンと目の前に現れたのはJR代々木駅。
このまま新宿駅まで歩くのも面倒になったので、ここから電車に乗ることに
しました。



Last update:2011/3/31