×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

マグレハグロットコム Since 2010.2.11
トップページ > 駄文集 > コンビニに出会わずどこまで行ける?


コンビニに出会わずどこまで行ける?


第2章 目指せ長良川

あれから3日後。ぼくは再びこの戦いに挑むことにした。

前回は柳ヶ瀬の厚い壁を越えられなかった。
そこで、まず目標として「長良川」に到達することを掲げた。
そして、移動も徒歩から自転車にチェンジして、遠く遠く目指すことに。



その前にタイヤの空気を入れておく。


3回戦

1回戦・2回戦のスタート地点になったアクティブGのモニュメントは、当然自転車では入れない。
ということで、アクティブGの入り口をスタート地点とすることにした。



やっぱり向こう側に金津園が見えるシチュエーション。

今日の作戦も忠節橋通り頼み。
ただ無理に金華橋方面に行くことはせず、千手堂の交差点まで忠節橋通りをまっすぐ行くことにする。



かつてぼくの人生でこれほど忠節橋通りに助けられた時があっただろうか



そしてキーポイント、千手堂に到着。


千手堂の交差点をまっすぐ行ったのが1回戦(それで失敗した)。
そして右折しても2回戦で見つけたサークルKにあたってしまうだけだ。
なのでここでの選択肢は一択。千手堂の交差点を左折するのみ。



どうでもいいですがこの日はめちゃくちゃ風が強かった。

この辺りの道は全く詳しくないので手さぐりで進むと・・・バス停をひとつ越えた先に交差点を発見する。
信号に引っかかってしまったので、あたりを観察していると、どうやら片側1車線ぽい。
正直、この道どっかにコンビニありそうだな〜という気がしていたので、迷わずこの住宅街へ向かう道へ曲がることにした。



片側1車線なのでこの道もセーフ。



ところが400mも経たずに突き当たりにぶち当たってしまった。しかしなんだこの並木道は。

ここでは何も考えず、突き当たりを右折して忠節橋通りに戻るルートを取ることに。

茶色く色づいた並木道を走ること数分。



ふたたび忠節橋通りに戻ろうとした、その時だった。



ローソン発見!


大きな地図で見る

あとで見たら1回戦で見つけたコンビニのすぐ近くだった。



ミンティアはなんだかんだでパッケージ的にも味的にもアクアスパークが一番好きだな。

・・・さあ、岐阜駅まで戻るよー。


4回戦



さっきの写真と区別つけるためにミンティアをサドルに置いてみた。

岐阜駅へ戻る道すがら、忠節橋通りは無理だという結論に至った。
じゃあどうしよう。
千手堂までは忠節橋通りを選ぶとして・・・さっきの並木道を今度は左折してみるか。
左折しても長良川にはたどり着けないことはないだろう。

ということで。



忠節橋通りとここでお別れ。



そして並木道にやってきた。今度は左折。

そうして並木道を自転車で走ること200m、今度は岐阜西通りに到達。
ここまでコンビニに出会うことなく進んでいる。
とここで、また新たな問題が出てきた。



直進方向が一車線。

これでは直進方向に進むことはできない。
よって右折か左折することになるのだが・・・さてどうしようか。
右折すれば「大縄場大橋」という橋に出て、そのまま長良川の対岸までわたることができる。
つまり今日の目標は達成することになる。

一方左折すれば戻る方向になり、長良川から一気に遠ざかることになる・・・
ってちょっと待てよ。
確か住宅街の片側一車線道路の途中に、同じ片側一車線道路の交差点があったよな・・・
あの道なら、この通りまで続いているかもしれない・・・。

と、ぼくはあえて左折を選択した。ほら、急がば回れ、って言うし。

まあグダグダ書き並べましたが、要するに右折が怖かったということです。



そしてすぐの信号を慌てて右折した。よっしゃギリギリ片側1車線!そして向こうに見えているのは・・・

このセンターラインが消えかかっている片側1車線道路を走ること数分、ついに、こんなところまでやってきた。



これは間違いなく、長良川の河川敷!

さあさあ河川敷あがりたいな〜と、片側1車線道路を探しても・・・なんと、ない。
あれ、おかしいな?と思いながら自転車をこいでいると、なんと片側1車線の終点に行きついてしまった。
かといって河川敷へ上がる道路にセンターラインはない。・・・つまりこれ、袋の鼠状態になった、ってこと?



そこは、岐阜バスの梅園町バス停でした。


大きな地図で見る

文句なし最長距離出たけど、なんだろうこの釈然としない終わり方。

結論は出た。
JR岐阜駅からコンビニを避けるように行くと、最終的に梅園町バス停に到達する。

いやしかしやっぱり気になる点がある。
それがここだ。



この交差点を右折して大縄場大橋へ向かってたらどうなってたのか。

・・・後日、最終決戦と称して、この謎を解明するため、ぼくはまた自転車のサドルにまたがった。




Last update:2011/11/23