×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

マグレハグロットコム Since 2010.2.11
トップページ > 旅行記 > 「砂丘でひとり砂まみれの旅」


砂丘でひとり砂まみれの旅
-旅行日:2010/3/27-


砂丘が見えたあああああ!!!
なぜかこの時、頭の中でゆずの「夏色」のイントロが流れだしました。
鳥取駅から約1時間かけて鳥取砂丘までたどり着きました。
ところが、駐輪場というものが見当たらない。
駐車場はたくさんあるのに・・・と、駐車場の係員にたずねてみると、

「あ、あいてる所に停めてもらって構いませんよ〜」

と言われました。え、そんなゆるくていいの?
とりあえず端っこの方に自転車を止めて、いよいよ砂丘へ!
どーん。

いやー、ここは本当に日本なのか?と正直思ってしまいました。
それくらいの異世界がそこには広がっていました。

向こうのほうにものすごく高い壁みたいなのがありますね。
さてどうしましょう。
まあ、上るしかないですよね。壁を。

ところでこれがまたものすごく上るのが大変だったんです。
そりゃそうです。
駆け降りようとしてる人がすってんころりんしてたほどですから。

何度も地面に手がつきつつ、やらなきゃ良かったと思いつつ上りました。
そういえばさっきチャリで山上ったところだったよな、俺。
そしてようやっと上りきると・・・うおー!絶景だー!!
しかし僕も空中散歩してみたいもんです。
空から日本をみてみよう、ってやつですね。
反対側の風景。(ちょっと傾いてるのはご愛敬)
どっかの大学のサークルがこの丘に誰がはやく上れるか競争してて、
「はやくはやくー!」
「きゃー!!」
と、ものすごく歓声をあげてました。

帰りはなだらかな道を選んで降りて、土産物屋をちょっと覗きました。
で、靴をみるとこのありさま。
そりゃそうです、砂丘であんだけはしゃいでたらこうなりますって。
足洗い場があるのも納得です。

自動販売機でジュースを買って一息入れてから自転車にまたがりました。
ちなみに帰りはほとんど下り。
10分かかって上ったあの道を、5分もかからず下ってきました。
途中にあったこの「サンマート」という地元のスーパーで食料を買うことに。
地方のスーパー、ってなかなか行く機会がないので新鮮です。

無事「鳥取っぽい」ものを買うことができて大満足。
自転車置き場に戻ると、一瞬乗ってきた自転車を探してしまいました。
それくらいレンタサイクルが同化してたわけです。
裁判所の近くには桜がちらほらと咲いていました。
バックに鳥取城址が見える構図で一枚。

そして、帰りの列車の40分前に無事鳥取駅に到着。
2時間半だけ相棒となってくれたレンタサイクルともお別れです。
土産物を買ったりして時間をつぶして、いよいよ帰ります。
まずは山陰本線の浜坂行きに乗車。
席はもちろん、日本海が見える進行方向左側。

ちなみに他の席も大体左側が埋まってました。
ということでここで食事。
さっきサンマートで買ったのはヤキソバパンとこの大きなチキンカツ。
「大山鶏」という地元の鶏肉を使ったチキンカツのようです。しかも2割引。

で、これがまたものすごくうまかったんです。
ヤキソバパン食べた後にこれ食べるとものすごく満腹になりました。
ここまで鳥取らしいものを食べてなかったので、いいものに出会えました。

左の白バラフルーツ牛乳は鳥取駅のコンビニで買ったもの。
これも普通のフルーツ牛乳とは違って味が濃く、すごくおいしかったです。
いくらでもごくごく飲めそうな感じがしました。

鳥取から1時間かからずに浜坂に到着。ここはもう兵庫県です。

豊岡行きに乗り換えますが、乗り換えの列車はまだ来ていませんでした。
肌寒いなあと思ってると、向こうから半袖に半ズボンの男性が・・・。
思わず目が点になってしまいました。

ついでにいえば、このあと彼と京都まで同じ電車に乗り続けました。
さすがに言葉は交わしませんでしたが。
さて、この先の区間と言えば、既に架け替え工事が始まっている餘部鉄橋。
ギリギリ薄暗い中の通過だったので写真を撮ってみるとこのありさま。
ハイ、大失敗です。
言われないと気付かないですよね、これ餘部鉄橋を通ってる最中って。

次にここを通るのは多分新しい橋がかかった後になるでしょう。
ちょっと悔いが残る1枚となってしまいました。
豊岡で福知山行きに乗り換え。
ところが和田山で反対から来る電車を待ったおかげで遅れだしました。
しかも下夜久野と上夜久野の間で
「走行中に異常な音を感じたため緊急停止いたしました」
と、真っ暗な中停まってしまう事態まで。

福知山から先の電車は遅れながら待ってくれていてほっと一安心。
この福知山から先の電車も
「この先でしかと電車が衝突したため徐行運転を行っております」
ということで遅れましたが、園部から先はほぼ時刻通りに帰ってきました。
京都での際どい4分乗り換えにも成功して、無事帰宅。
始発電車に乗ってスタートしたこの鳥取への旅。
最後は、最終電車を見送ってここに完結したのでした。。。



Last update:2010/3/28