×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

マグレハグロットコム Since 2010.2.11
トップページ > 旅行記 > 「ぐるり伊勢湾外周めぐり」


ぐるり伊勢湾外周めぐり
-旅行日:2009/5/10-


海が見たい。

3月の沖縄から約2ヶ月。そして、一人暮らしを始めて約1ヶ月。
そろそろ気晴らしに旅行したいなーと考えた時にふとそんなことを思いました。
幸いにしてJR東海には「青空フリーきっぷ」という乗り放題のチケットもあるし、それ使って海でも見に行くか!

ということで、切符の名前にふさわしい5月のある晴れた日曜日、僕は朝から電車に乗ったのです。


朝7時半に名古屋駅に着き、朝一番の快速「みえ」で一路三重へ。
行楽日和だったので混んでるかなー、と思ったらそれほど混んでおらず。
名古屋駅から終点まで結局隣には誰も来ませんでした。
名古屋から約2時間、「みえ」号は終点・鳥羽駅に到着。
伊勢は昨年も訪れたけど、鳥羽は小学校の修学旅行以来!
しかもその時は大雨だったので、こんなに晴れた鳥羽は初めてです。
鳥羽駅を降りて海沿いを歩くこと10分。
やってきたのは鳥羽水族館。ここももちろん小学生以来。
大雨の中、アシカショーの観客席でお弁当を食べたのを覚えてます。

この日は朝から他府県ナンバーの車がずらり。
久々に入ろうかと思ったけど、思った以上に入館料が高かったのでやめ。
家族連れの中に男ひとり入るのもあれだし、ね。
鳥羽水族館近くのミキモト真珠島も入館料が高かったのでやめ。
結局、海沿いを1時間程度のんびりと散歩して駅に戻ることにしました。

これは1輪だけ咲いてたタンポポ。寝そべるような感じで撮りました。
鳥羽港まで戻ってくると、やたらと派手な船がとまっていました。
どうやら伊勢湾に浮かぶ島々を巡る遊覧船のよう。
にしても、これ船?と思ってしまうような像がのってました。。
鯛は目を見開いてるし。
竜宮城かなんかをモチーフにしてるんだろうか。
出航時刻も近かったので、適当な海辺まで移動して船をお見送り。
「ぼおおおっ」っていう汽笛の音を残しつつ、島めぐりへ出発していきました。
そんなことをしてたら予定してた列車に乗り遅れてしまいました。
仕方なく、近くのお店に入って伊勢うどんを食べることに。

・・・うーん、所詮こんなもんか、って感じのお味でした。
てか、ちょっと高かったような気も。
さて、ワンマン列車で鳥羽を後にして次に降りたのは二見浦駅。
ここで降りたのは僕とおばあさんのふたりだけでした。
列車が行っちゃうとものすごく静かな雰囲気に包まれました。
二見浦駅の駅舎。この駅から徒歩圏内にある、あの場所を模したもの。
もちろん、僕もそこへ行くためにこの駅で降りたんですが。
じゃーん。
ご存知・夫婦岩。
ここも鳥羽同様、小学生以来です。
もちろんその時も大雨でした。晴れてるとこんな所なんだなあ。

夫婦岩の近くで「塩ソフトクリーム」なるものを購入。
これがまた、さっぱりした味でとっても美味しかったです!
この日は暑かったので、クールダウンにもちょうどよかったです。

「そういえば、このへん修学旅行で通ったよな?」
と思しき道を歩いたり、ただぼけーーっと海を眺めてたり。
次の列車まで1時間もあるのでこんなことをしてたのに、全然苦にならず。

むしろ、もっとこうしてたい!と思えるような時間でした。
帰りがけ、ふらっと旅館街を歩いてると、何と見つけてしまいました。
小学校の時に泊まった旅館!
今もあるんだなあ。今でもうちの学校ここ泊まってるのかなあ。

などと考えつつ、二見浦駅に戻り快速「みえ」で名古屋へ戻ります。
再び名古屋。
そういえば、引っ越してから名古屋に来るのは初めて。
ということで、名古屋と言えばナナちゃん人形にごあいさつ。

この時点でまだ15時。
もうちょっと海を見たくて今度は東海道線を東へ進むことにしました。
東海道線を待ってる最中に見かけた広告。
野球と言えばドラゴンズの名古屋の中心駅になんと巨人の広告!

2009年6月30日に行われた岐阜長良川球場での巨人戦の広告でした。
にしても、1試合のためにこんなデカデカと広告を出す読売ってすげえ・・・。
さて、東海道線の新快速に乗り、そのまま終点の豊橋へ。
二見浦から3時間・190kmほどの移動でしたが、実は直線距離だと60km。
伊勢湾を挟んでほぼ対岸に位置してるので、こういうことになるわけです。

しかし豊橋駅から海は意外と遠いことが判明。
急きょ東海道線を折り返し西に向かうことに。
降りたのは蒲郡駅。
ここだと、高架駅から海を眺めることができます。
蒲郡駅前にはヨットが飾られてました。
何だこれ?と思ったら、アメリカズカップにも挑戦したヨットなんだそう。
ベースキャンプをココ・蒲郡においてた縁で飾られているそうです。
着いた頃には既に夕方。
駅のすぐ近くの蒲郡港を、オレンジの光が包み込んでいました。
今日の旅も、そろそろ終わりの時が近づいています。
蒲郡から新快速で刈谷へ移動し、刈谷で各駅停車に乗り換え。
やってきたのは開業したての新駅・南大高駅。
大高のイオンに併設された駅で、このイオンがまたデカかったです。

少しだけイオンに立ち寄って、このまままっすぐ帰宅。
日差しが強かったせいか、帰宅すると見事に日焼けしてました。。。



Last update:2010/2/24