×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

マグレハグロットコム Since 2010.2.11
トップページ > 駄文集 > 激闘!飯田線 ―電車に勝負を挑んでみる


激闘!飯田線 ―電車に勝負を挑んでみる


待ち受けていた、坂道地獄



13:02 橋渡った瞬間これだもん

事前情報によると、「新飯田橋を過ぎるとひたすら上り坂である」という記述があった。
河岸段丘だし仕方がないか、とある程度想定していたが、それでも本当にひたすら上り坂なのである。
一気にペースが乱れた。

にわかに暗雲が垂れ込めてくる。



13:04 東中央通り交差点。ここで右折して国道151号とはお別れ。



13:04 で、曲がったら曲がったで、やっぱりこれ。

そして道が徐々に複雑になりだすのもこのあたり。
東中央通り交差点で右折すると川を越え、すぐに出てくる交差点を左折せねばならない。
スマートフォンで地図を確認しつつ、道を間違えないよう細心の注意を払いつつ、どこまでも続く坂を上り続ける。

この時点でもう、膝が笑っている。



13:05 うおおい・・・まじっすか・・・。

もう、ペースなんてあったもんじゃない。現にぼくは、さっきから「走る」と言う行為を完全に棄てている。
すでに目標時刻の10分前をとうに切っているが、まったく危機感すら持つことができない。
いやまあ、私生活から危機感はまったく持てなくなってきているのだが。



13:06 景色はきれいなんですよ。



13:06 でもこんな上ってるんですよ。河岸段丘ナメててごめんなさい。



13:07 青空がさわやかすぎるくらいきれいなんですよ。



13:07 でも背中から見事に日光が直撃してものすごく暑いんですよ。

時間の経過を少しでもわかりやすくするのと負担を和らげるために音楽を聴きながら戦っているのだが、まったくその意味がない。
音楽が頭に入ってこないし、時間の経過もスマートフォンを立ち上げるたびに時刻が出るので何ら問題は無い。
それどころか、イヤホンが耳に入ってるという感覚すらない。

これは失敗したな・・・と苦闘しつつ、次なる目印である加賀沢橋交差点に到着。


野球でいえば、同点の9回裏1アウト満塁の大ピンチ



13:08 坂上ったその先に・・・うおおい!また赤信号!

ここでまた赤信号、ゆっくり休憩・・・できるわけもなく時間とのプレッシャーがぼくを襲う。
この先進んでようやく折り返し地点、このペースでだらだら坂を上り続けても確実に間に合わない。
とうとう日ごろの運動不足がここで露呈してしまった。



13:09 今年1年分の坂道を上ってるかのよう。



13:10 見下ろしてみると、自分がいかに上ってきたかを実感できる。

もうこの時点で時刻は13:10、定刻なら茅野行きは伊那上郷の駅に着いている時刻である。
6分遅れだったとはいえ、当初目指していた目標時刻もあと3分に迫っている。

諦めてはならない。今できることは、この坂道を黙々と上るだけ。
そして、(利用者には迷惑な話だが)6分遅れのまま電車が飯田駅を発車していることを祈るだけ。



13:11 分岐点を右に折れると、目印である病院が左手に見えてきた。



13:12 が、この急坂である。目標タイムまであと1分。

そしてぼくは、ここで致命的なミスを犯す。



Last update:2012/8/22