×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

マグレハグロットコム Since 2010.2.11
トップページ > 旅行記 > 「京都発、四国経由・岐阜行き その2」


京都発、四国経由・岐阜行き その2
-旅行日:2010/9/7-


関東遠征と静岡遠征で2回ずつ使ったこの夏の18きっぷも、いよいよ残り1回分に。
「10代最後」の18きっぷ旅となるこの最後の1回分をどこに行こうか。

考えた結果、1年ぶりに四国讃岐うどん巡りに費やすことに決めました。


夜が明ける直前に実家の最寄駅を出発。
京都・大阪と順調に乗り継いで、寝ながらの移動を続けます。

ところが姫路での乗り換えで手間取り、気づけば全ての席が埋まった後。
オイオイ岡山まで1時間半立ちっぱかよ・・・と絶望のムードが漂いました。

が、相生で空いた席を見つけ、急いで席を確保。
これでラクに岡山まで行くことができます。
ということで、岡山駅。
いつもの快速マリンライナーに乗り換えて、無事四国に上陸!

いつも通り坂出でマリンライナーを降りて、讃岐うどん巡りを開始。
坂出で降りる、といえば、もうあそこにいくしかないでしょう。
彦江製麺所!

やっぱり四国に来たからにはここのうどんを食べないと気が済みません。
今回は天ぷらでなくきつねうどんをのせてみました。
これで200円と言うのも魅力。
近くに住んでたら絶対毎日通ってると思います。

坂出駅に戻り、ホームに上がるとちょうどマリンライナーが来た瞬間。
これで1年ぶりの高松へ向かい、さらに高徳線に乗り換え。
ディーゼルカーに揺られて2駅目の栗林公園北口で降ります。
これもまた、讃岐うどん巡りの定例パターンですね。
続いてやってきたのは前回のリベンジを兼ねての「竹清」。
いつの間にか店の屋根がオレンジ色になってて最初わかりませんでした。

しかしここはいつ来てもすごい行列だなあ。
ということで普通のうどんに、ちくわと卵天。
ここの卵天がまたうまいんだ。
これだもの。うまくないわけがない!
本日2杯目、しかも揚げ物2つあったのに、モリモリ食べてしまいました。
そりゃ福山雅治もお忍びで来るわ。
このお店は週4日しか営業しないお店。
前来た時はまんまと定休日にハマったので、念願の再訪問でした。

店を出て、コトデン片原町駅方面へ歩きます。
片原町駅の横のスーパーで飲み物を補充しつつ、今日最後のお店に到着。
それが、ここ。
「地上最強のウドン ゴッドハンド」。

キャッチフレーズみたいな名前ですが、これがちゃんとした店の名前。
正直、名前でこの店を訪れるのを決めました。
で、これが地上最強のウドン。

あまり見かけないちっちゃいタコの天ぷらをのせてみました。
ちなみに味はさすが地上最強のウドン、って感じの味でした。
気になる人はぜひお店へ。
最後のお店から高松駅へ歩いている最中に、雨が降ってきました。
慌てて高松駅に入り、先発の快速マリンライナーで岡山へ戻ることに。

瀬戸内国際芸術祭の装飾がされていました。
岡山駅に戻ったのは14時半。
一直線に山陽本線に乗って帰るにはまだ惜しい時間帯です。

そこでちょっと遠回りして帰ることにしました。
乗ったのは、津山線の快速ことぶき号。

途中まで起きてましたが、いつの間にか寝てしまいました。
気づけば津山駅に到着して客が全員降りたところ。
大慌てで荷物をまとめて降りました。

えっ、乗り換えのやつもういっちゃった!?と一瞬ひとり勝手に焦りましたが、
なんとか無事に乗り換えることができて一安心。
次に乗りかえたのは姫新線の佐用行き。
学校帰りの高校生でいっぱいだったので、前に陣取って風景を楽しみました。
後ろには、女子高生に声をかけまくるあやし〜いおっちゃんが。

途中で空いたので椅子に座り、後半は読書タイム。
気づけばいつの間にか、岡山県から兵庫県に戻っていました。
佐用で待っていた姫路行きは、まさかの1両。

途中、三日月なるキレイな名前の駅にいやされながらの旅。
でしたが、途中から徐々に人が増え、姫路に着く頃にはラッシュさながらの
大混雑に。
そりゃ1両じゃ短すぎるよねー・・・。
やっとのことで姫路に到着。
先発の新快速は野洲行きなので見送り、次の長浜行きで一気に米原へ。
ちょうど2時間半の長丁場でしたが、加古川から近江八幡まで大爆睡。
おかげで、全然長く感じませんでした。
米原で大垣行きに乗り換え。

ところで姫路駅で吉野家を目撃したせいか、急に牛丼が食べたくなりました。
岐阜駅の近くって牛丼屋ないしなあ…と検索したところ、尾張一宮駅の近くに
あることが判明。
大垣で快速に乗り換えて岐阜を通り越し・・・。
尾張一宮へ。

しかし、目的の店を探すも見つからず。
やっとのことで店がある場所を発見すると、何と跡形もありませんでした。
どうやら、検索で引っかけたお店は潰れていたようで・・・。
結局、何をするでもなく大垣行きで折り返して、岐阜に戻りました。

最後はグダグダになった10代最後の18きっぷ旅。
まあ、それを差し引いても、楽しい旅となりました。



Last update:2010/10/10