×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

マグレハグロットコム Since 2010.2.11
トップページ > 駄文集 > デイリーポータルZエキスポに行ってきた 2010夏


デイリーポータルZエキスポに行ってきた 2010夏

2010年8月21日。
酷暑が続く東京はお台場の「東京カルチャーカルチャー」で、@niftyの人気ホームページ「デイリーポータルZ」のイベント「デイリーポータルZエキスポ」が開催されました。
このイベントは定期的に開催されているイベントですが、参戦するのは初めて。
というか、そもそもデイリーポータルZのイベントも参加するのは4年ぶりのことでした。

様々な出会いがあったこのデイリーポータルZエキスポをゆる〜くレポートしていこうと思います。





人生初の東急

今回は東急田園都市線沿線の知人宅が拠点だったので、東急大井町線からりんかい線に乗り換えるルートを選択。
その途中の大井町駅で、今回一緒にご同行してくださるとますさんと合流することとなりました。

ちなみにこの日、田園都市線沿線では多摩川の花火大会。
宿泊地に戻る時間帯にまさに花火帰りの混雑が被ってしまい、溝の口駅からとんでもない混雑に巻き込まれてしまいました。
二子玉川駅で乗り換えた時は、全然がら空きだったんだけどなぁ・・・。



ということで、溝の口駅で大井町線に乗り換え。

ということで当日、生まれて初めて乗る東急線でまずは溝の口駅へ出て、そこから大井町線の急行に乗車。
「二子玉川」に「等々力」、「自由が丘」、「大岡山」と話でしか聞いたことがない地名ばかりを通り過ぎていき、既に大興奮。
あと、写真撮り忘れたけど、乗った急行の電車のデザインがなんか、かっこよかったです。

やがて電車は大井町駅に到着。
東急の改札前で予定通りとますさんと合流して、りんかい線に乗って東京テレポート駅へ。

ひさしぶりのりんかい線は、発車メロディが全然鳴らなくて悶々とした路線に変貌していました。


人生2度目のお台場

東京テレポート駅は発車メロディが「踊る大捜査線」のテーマ曲で一度生で聴きたかったのですが、あえなく3秒でメロディは途切れました。

それにしょげずに改札を出ていざ東京カルチャーカルチャー(以下、カルカル)へ。
お台場へ来るのは2回目、前回は3年前のGWでフジテレビとお台場海浜公園へ行きました。ひとりで。

なので、東京カルチャーカルチャーに行くのは初めて。
場所が全く分からなかったのですが、とますさんが以前カルカルの下にあるZepp Tokyoに行ったと言うので、案内をお願いしました。
一人に慣れてると、こうやって同行者がいると心強いですね。



ビーナスフォートにはでっかいキティちゃんが鎮座していた。でも人がいないぞ?

途中、ビーナスフォート(これもまた聞いたことしかない施設だな、そういえば)内のam/pmに立ち寄って、色紙と油性ペンを購入。
もちろんこの後のデイリーポータルZエキスポ(以下、エキスポ)でライターの皆さんにサインをいただくためです。
この準備、前日自宅を出る前にやっとく予定だったんですが、うっかり忘れてしまったんです。

やがて、TOYOTAの車の展示場を潜り抜け、レジャーランドの観覧車が見え・・・あった!カルカルが!!



すでに見覚えのある黄色い横断幕が。この横断幕見るのも久しぶりだなー。(ちなみにこれは着いてから1時間後の写真です)

しかし到着したのは12時半過ぎ。
一応余裕を持って、ということだったけど、さすがに余裕持ちすぎだったかな?
とりあえず、カルカルの前にあるファーストキッチンでランチがてら時間を潰すことにしました。

窓からはカルカルが良く見えて、ちょくちょくとますさんが「あっ、あれ宮城さんじゃないですか?」と指さしたり。
だけど僕は窓を背に座ってたので、宮城さんが通り過ぎたことも全然知りませんでした。

やがて開場30分前になったのでカルカルへ向かうと、すでに先客の方がひと組。
その横で、カルカルの横山店長がベランダに氷水をまいてました。
はじめての生・横山店長にもうウハウハは止まりません。



この先もう日があるうちに外に出ない予定なので、とりあえずフジテレビだけ撮っておく。



開場5分前。結構人が集まってきた!


今回のイベントは14時から20時までなんと6時間の超ロングランイベント。
もちろん、1度も外に出ることなく完走する意気でやってきました。
今のうちにお台場の写真を撮影しておいて、いよいよ14時、カルカルの扉があき、エキスポの幕が開いたのです。


<−前のページへ 駄文集トップへ 次のページへ−>


Last update:2010/9/15